2013年06月24日

チョコの病院メモ6月24日

6月23日に、またチョコを病院に連れて行きました。
チョコの様子は、普通の換羽の終わりかけぐらいの
少しちくちくが残っている、という感じにまで回復していて
もうすっかり羽根は生えてきました!

でも、相変わらずクチバシががさがさで、
顔色も悪いです。

あと、足がむくんでいるのか、まだまだ太いです。。。
まだハバキもあります。

新しいほうの病院に通っているのですが、
先生も、薬がよく効いてきているので大丈夫、
と言ってくださっています。

貧血(顔色が悪いので)の薬も飲んでいますが
治るまでもう少しかかると言われました。

あと、トウミョウをほぼ毎日あげているのですが、
ビタミンBとカルシウムが必要なので
できれば小松菜もあげてくださいと言われました。

チョコを病院につれていくとき、
チョコだけをお出かけ用のケージに移すと
バニラが不安がってすごく大きな声で鳴きます。
ひとりでお留守番させて申し訳ない(>_<)

バニラは元気でいてくれて助かっています。
ふたりともいい子★




ランキングに参加しています♪
応援のためのクリックしていただければ嬉しいですひらめき
ランキングがあがると
ブログを書く励みになります^^


ここをクリックしてくだされば幸いです☆
人気ブログランキングへ



posted by チョコバニラのママ at 15:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年06月03日

チョコの病院メモ6月1日

6月1日に、チョコを病院に連れて行きました。
頭の羽は生えてきたものの、
なかなか症状がよくならないので、
今回は、大阪で結構有名な鳥を診ていただける病院に
連れて行きました。

最寄駅から電車で1時間ほどかかるのですが、
ネットの口コミとかでもかなり有名な病院です。

院長先生が診て下さったのですが、
とりあえず、クチバシ・脚・羽の、表皮系が全部だめだね・・・と。
肝臓か、甲状腺か・・・という感じでしたが
やはり、原因がはっきり分からないということでした。

その先生でさえ、こんなに羽が抜けているのは初めてという感じでした。

ただ、消化器系は問題なく、細菌の感染もなく、
元気なのでちょっと安心だそうです。

各症状に対する治療としては、

貧血気味・・・鉄分のサプリメント
ハゲ・・・羽が生えるのを助けるホルモン剤
脚のむくみ(炎症?)・・・消毒剤

という感じでお薬が処方されました。

あと、放鳥中に、何かを食べていて、中毒の可能性があるので
放鳥もやめましょうということになりました。

水浴びはしてもOKで、
オイル系は羽根を痛めるのでNGということでした・・・
(乾燥を避けるためにホホバオイルを塗ってたけど
ダメだったらしい・・・)

クチバシの端が、きちんと削れずに変形していたのですが、
普通の人間用の爪きりでパチンと切られました!!!
衝撃の光景でした・・・
チョコも私も呆然としてしまいました・・・

クチバシも、いい具合の硬さで出来ていないので
自然に削れていかない状態になっているそうです。
(だからって、爪きりで切っていいものなんだ・・・って
ちょっとびっくりしました。)

チョコももう5歳ですが、
まだまだ元気でいられる年齢なので
お薬が効いて早く元気になって欲しいです。

それにしても、ベテラン院長先生でも原因が分からないとは
よほどの難病なのでしょうか。。。




ランキングに参加しています♪
応援のためのクリックしていただければ嬉しいですひらめき
ランキングがあがると
ブログを書く励みになります^^


ここをクリックしてくだされば幸いです☆
人気ブログランキングへ


posted by チョコバニラのママ at 11:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記